シルクを水洗いしてしまったクリーニング店…こんなうっかりミスはひどくありません?

もう随分昔の話です。シルク紬のパンタロンスーツをクリーニングに出したことがあったのですが、受け取ったシルクスーツはツンツルテン。どういう訳かとクリーニング取次ぎ店に聞きましたら、水洗いをしてしまったとのことでした。このシルクスーツはシルク紬だったため、いわゆるシスクっぽい光沢はなく、また質感も結構あるので、一見綿っぽく見えないことはありませんでした。私自身も、洗濯タグにシルクと表示してありましたし、シルクであることを口頭で伝えなかったこともトラブルの原因になったかもしれませんが、一応プロのクリーニング店なので、そんなことはないと信じていました。スーツ上下で一万円もしたものです。やはり、手触りが優しく、綿の手触りと違がい気に入ったものでしたので、それなりにショックでした。まさか、クリーニング店が、洗濯表示タグを確認しないなどということは想定していませんでした。

 

このシルク紬の製品の色は生成りですから、ドライでは汚れが取りきれなかったのかもしれません。そして、水洗いをされてしまったのだと想像します。おかげで、シルクの風合いも消えてしまいましたし、第一、ずいぶん縮んでしまいました。無論、私は、この件に対し苦情を言いましたが、素人がやっている取次ぎ店ですから、言い訳ばかりで弁済もしてもらえませんでした。その頃は、私も若かったのでその対処方法も分かりませんでした。やむを得ず、事情を販売したブテックに相談しました。その折、クリーニングタグが見にくかったとか、小さすぎなかったかとかいうことはなかったかと確認しますと、販売したブテックは、責任を感じるので引き取って他の製品と交換してくれるというので、私はその料金分、別の品に交換することで解決できました。結局、私の物理的損害はなかったのですが、わだかまりみたいなものは、残りました。こんなトラブルは、結構あるものなのか分かりませんが、案外うっかりミスでこうしたことがあるのかもしれません。高級品ほど、トラブルは多いりかもしれませんね。私も行なった解決策は、本当は正当なものではなく、本来は、公的機関に相談したほうがよかったのかもしれません。後でそう思いました。でも、クリーニングによって、一万円が全く無価値なものになってしまう可能性があるのですから、たかがクリーニング、されどクリーニングと言えます。公的機関に相談しても、手数も時間もかかります。一見しただけでは、そのクリーニング店のレベルは分かりませんし、いつでもヒヤヒヤものです。ただ一つの解決策は、余り高価なものは持たないということが、結論のようです。その方が精神的に気楽かもしれません。とにかく、シルクは難しい…管理がかかるということでした。