自宅の近くのスーパーに隣接しているクリーニング店は便利

私が利用しているクリーニング店は、自宅の近くにあります。その自宅の近くにあるというのは、とても便利であると思っています。近くにあると、すぐにそのクリーニングをしたいと思うものを、そこに持参をすることができます。
この前は、カーペットについて、そこに持参をしました。それは、近くにあるので、持っていくことができると思っています。自宅からカーペットを持参するのは、それだけで結構大変です。その点、すぐにだすことが出来ることを思ったら、簡単に出せると感じて、そのことを苦痛と思わなくなります。しかし、その反対に、少し遠いところまで、移動させてだすことを思うと、やっぱりクリーニングをすることはやめようと思ったりするのです。そのため、自宅の近くにあるということが、最も大切なことであると感じています。
またそのクリニング店は、スーパーに隣接しています。その事も、とても利用しやすくなっているのです。以前に利用していたところは、道路沿いにあったので、クリーニングにだすものを、そこに提出するのが大変でした。それはまず、車を道路沿いに駐車をしなければならないからです。そのため、そこに駐車をしてすぐに、元の車のところに戻らなければいけないと思って、焦ってしまうのです。そのことからも、スーパーの広い駐車場を利用することができるのは、安心してゆっくりと、クリーニングしたいものをだすことができるので、いいと思っています。
また、そのクリーニング店は、夜遅くまでしていると言うことも魅力となっています。それは、急にクリーニング店に出したいと思うものを、夜に気づくことがあるからです。私の場合は、出張にいく時のスーツを出して、準備をしようと思った時に、その汚れに気づくことがよくあるのです。そのまま出張にいくことができないので、その日のうちにクリーニングに出して、翌日に受け取ると言うこともありました。そのことを思うと、急なことに対しても、夜遅くまで相手いると対処してもらうことができるので、その点でとても利用しやすい店であると思うことができます。
また、翌日に受け取ることが出来るのも、魅力的であると感じます。またそこでは、スピードクリーニングというものをしてくれるので、早い時には、その日に出して、その日のうちに仕上げてくれる事もあります。
そのようなことから、便利に利用することが出来る、そのクリーニング店を、いつも利用することにしています。

宅配食材は昔からありますけれど、最近では宅配クリーニングもひそかに人気となってきているようです。

クリーニング店でお気に入りの洋服がダメになってしまった体験談

私は今まで5店舗くらいのクリーニング店を利用した事がありますが、1度だけ服をダメにされてしまった事があります。
そのクリーニング店はチェーン店の中でも有名なお店で、料金は少し高めでしたが信頼してお願いしていました。

 

ある時、お気に入りのブランド物のトップスに小さな汚れが出来てしまい、値段が高かったという事もあり自分では洗わずに、いつもの様にそのクリーニング店に出す事にしました。
店員の女性もいつもの人だったのですが「生地が特殊なのでデリケート洗いにしておきますね。」と言われ、追加料金として合計2000円くらいかかりました。

 

数日後、仕上がり日にお店に取りに行くと店員の女性の顔色が悪く、何事かと思ったら「申し訳ございません。先日デリケート洗いで出された服なのですが、生地が薬剤と合わなかった様で縮んでしまいました。」と言い差し出されたお気に入りの服の、あまりの変わり様にビックリしました。
大人物の服が子供服サイズほどに収縮してしまっていて、どうやっても着れる様な状態じゃないのです。
お気に入りのブランド物の服という事もあり、私は酷く落ち込みましたが怒りの感情はあまりありませんでした。
店員の女性がとても申し訳なさそうにしている事、手違いとは言えどうしようもなかった事を思うと怒る気持ちにはなれませんでした。
とは言え、数万円もしたトップスなので、果たしてどうしようか?と考えていると思いもしない提案が店員の女性から発せられたのです。
「こちらのお洋服はおいくらでしたか?こちらの手違いなので全て弁償させて頂きます。」と言うのです。
全てと言われてもさすがに定価の値段を要求するのは気が引けたので、半額くらいの値段を伝えると「本当のお値段を教えて下さい。こちらの手違いなので当たり前の事です。同じお洋服は売ってないかもしれませんが、どうか受け取って下さい。」と言われました。
「本当に大丈夫なんですか?」と念を押して訊きましたが、やはり店員の女性は全額を弁償する意志は変わらない様です。
結局全額を弁償して貰う事になってかえって申し訳ない気持ちになりましたが、同じ服は売っていなくても店員の女性の誠意に感動してしまいました。

 

以前クリーニング店でのトラブルについてテレビで観た事があり、全く人ごとの事だと思っていたのですが、「本当にこういう事があるんだ。」と身をもって知りました。
その時は同じ様なトラブルだったのにも関わらずお店側は弁償してくれなかったそうですが、お店の誠意はきっとお客さんに届くので私の様なケースはとても有り難い事だったと思います。
今でもそのクリーニング店を利用しています。

宅配クリーニングもいいかな?と迷いますが。

クリーニング屋さん不思議物語

クリーニング屋さん。お洋服を預けて綺麗になって返ってくる。そんな当たり前の日々の中に様々なちいさいな事件と出来事が起こっています。これはわたし自身が経験したクリーニング屋さんでの素敵なふしぎなお話です。
■その@気に入っていたスーツの取り外しファー紛失事件
そのスーツは、当時の自分としては大枚はたいて購入した一着。当時流行っていた某DCブランドのものでした。特にお気に入りだったのは、襟と袖に取り外しのこげ茶のファーがついていたところ。それが、クリーニングに出したところ、工場でその部分を紛失してしまったとのこと。電話を受けたときは、本当にがっかり&次に怒り。一体、どうしてくれるの〜!という気持ちで一杯でした。
◆クリーニング屋さんがとった方法とは
しばらく日がすぎて、クリーニング屋さんがやってきました。私のスーツとファーをもって。聞けば、紛失したときにこのメーカーに問い合わせて、在庫はなかったものの特別に作ってもらったということでした。え?という驚きです。しかも、替え用にもう1セットもつけて下さり。。。あの時あんなに怒ったことが恥ずかしくなるくらい誠実な対応に感激と共に頭が下がる出来事でした。
◆そのA謎のボタン事件
以前わたしが勤めていた会社には特別な制度があって、会社に直接クリーニング屋さんが来てくれて、一人いくらまでなら会社が負担してくれる、という手当がありました。私も勿論この制度を有効活用していたのですが、あるとき、冬のコートを出した時のこと。。。もどってきたコートを見て私は不思議なことに気づきました。なかったボタンが付いている!
◆クリーニング屋さんは魔法使い
昔のクリーニング屋さんで丁寧なお店は、ほつれやボタンが取れかかっていたら直してくれたりしてくれたと聞いたことはあります。でもこのコートの場合、もともと買ったときにボタンはついていたけれど、一度外したときに、わざとつけなかった箇所だったのです。しかもですよ。そのコートが年月によって色も落ちてきたので、私は自分でボタンを買ってきて付け替えた、という経緯がある代物なのです。それなのに、まったく同じボタンが付いているなんて!同じものを付けるには探してこなければならないボタンです。なんと、スゴイ。。。驚きのあまり、周りにこの話をしたのは言うまでもなく。もちろん、次の時にクリーニング屋さんに感謝の気持ちを伝えました。
◆たいせつなことを大切にする。
今回のことで、私が思ったのは、この二つのクリーニング屋さんがしてくれたことは、ただ単に「服を預かって綺麗にしてくれる」ことではなく、それ以上のことだったなと思うのです。プロって、仕事ってこういうことなんだな、ということを今回の感動を通して教えて頂いたように思います。わたしも誰かのそんな物語に出てくる自分で在りたいな。そしてあなたも誰かの物語でこんな風に語られているかもしれませんね。おしまい。

ジャニーズグッズ買取価格はいくら?※嵐・関ジャニ∞など